自分をつくる「笑顔」の3つの効果

smile
 
こんにちは!本ブログの筆者、だいすけ(@SanoskeBlog)です。
 
最近あなたは笑顔で過ごせていますか?
今回は「笑顔がもたらす3つの効果」 について紹介します。
 
そんなこと言っても、会社行ったって楽しくないしなあ…
そんな方でも大丈夫。むしろ、そんな方に是非読んでもらいたい記事です。
 
毎日楽しく笑って過ごせれば、それに越したことはありません。
でもふとした瞬間、真顔になっていませんか?
 
そんな時こそ「意識して笑顔になる」 ことで、気分を上げる事ができるのです。
しかも、笑顔は気分上々にとどまらず、様々な効果を引き起こします。
 
前半では「笑顔」が引き起こすプラスの効果
 
後半では、2秒で効果が実感できる笑顔の作り方 を紹介します。
 
 
 





「笑顔」が引き起こす効果

「笑顔」の効果と聞いて、どんなことが思い浮かぶでしょうか。

今回は、体の内側に起こるメリットを3つピックアップしてご紹介します。

1.幸福感と鎮静作用

笑うとエンドルフィン という脳内ホルモンが分泌されます。

「幸せホルモン」「脳内麻薬」とも呼ばれるエンドルフィンは、その名の通り幸福感を得られる他
、医療現場で使用されるモルヒネの数倍の鎮静作用を持つとされています。

「楽しいから笑う」も然り、「笑うから楽しい」 の証明になりますね。

 

2.自律神経のバランスを整える

自律神経ー

交感神経と副交感神経から成り、多くは一つの器官に対し互いに拮抗的に作用している。

引用 : 大辞林 第三版

起きている間は交感神経が優位に働くため、適度に笑って副交感神経を優位にすることでバランスを取ることができます。

自律神経が乱れると体調を崩すので、健康のためにも笑っていたいですね。

3.脳を活性化させる

笑うと、脳にある海馬の容量がアップ します。

海馬は記憶力を担う器官なので、
海馬の容量がアップする=記憶力が上がる

ということです。

さらに、血流量も上がり脳の活性化につながります。

 

今すぐできる笑顔の作り方

僕が普段から実践していて、すぐに効果を実感できる方法です。

難しいことはなし。

だい助
口角を上げて、優しい気持ちになる

以上!あなたも「今」やってみてください。

どうでしょう。気分が高揚してきませんか?

僕の脳は単純なのか、たったこれだけでハッピー楽しい頑張ろう!ってなります。

まとめ

今すぐできる作り笑顔でも、その日一日を乗り越える力を与えてくれます。

最初は作り笑顔でも十分です。
作り笑顔で自分をつくり、その先の心から笑える時間が増えることを願っています!

 

コメントを残す