【たった15分】パワーナップ(仮眠)で集中力を回復!

やらなきゃいけない課題に追われ、数時間が経過…
集中力も切れてきて、「もう今日はダメかも」と思うことはありませんか?

今回紹介する「パワーナップ」を使えば、あと150分は頑張れるようになります。

簡単だけど効果抜群の「パワーナップ」を自分のモノにしましょう!

[quads id=1]

一流たちが実践している「パワーナップ」とは?

15~20分間程度の仮眠を「パワーナップ」といいます。

人間の睡眠は「ウルトラディアンリズム」という、深い90分の睡眠浅い20分の睡眠で成り立っています。 パワーナップは、20分の浅い睡眠を摂ったと脳に錯覚させることで、集中力を回復させることができるとされています。

これにより「夜の3時間分」の睡眠と同じ回復ができ、回復した集中力はなんと150分程度続きます!

このパワーナップの有用性は認められていて、すでにアメリカでは、GoogleやApple、NASAなどの世界的企業で導入されているんです!

パワーナップのやり方

一番良いのは、明かりのないところで横になり、目を閉じて呼吸を落ち着かせること。

しかしパワーナップのいいところは「オフィスの机の上でもできる」ということです。

机の上に腕を乗せ、枕代わりにして目を閉じます。そのまま、ゆっくり呼吸をしてください。

完全に寝られずとも、視覚をシャットアウトするだけで「目」と「脳」の回復につながるので非常に有効です!

注意
気持ちよさのあまり20分以上寝てしまうと、深い眠りに突入するため寝起きが悪くなってしまいます。
そうすると、気分もかえって悪くなり集中力も散漫になってしまうので、必ず20分までと決めてパワーナップを行いましょう! 
[quads id=2]

ちなみに筆者は…

何度もパワーナップを試した結果、
「あとちょっとで寝られるところ」でアラームが鳴ってストレスになることが多々ありました。

なので、入眠潜時(寝るまでにかかる時間)を考慮して 23分(入眠潜時8分+仮眠15分)でアラームをセット。

結果、「あとちょっとで寝られたのに」というストレスもなくなり、深い睡眠にも入らないタイミングで起きられるようになりました!ぜひ参考にしてみてください。

より効果を高めるには

アイマスクや耳栓を用意する

周囲が気になってパワーナップできないという人は、
アイマスクや耳栓があるとだいぶ違うはずです。 

デスクワークの方は、ホットアイマスクの着用や目薬などを使うと、目の疲労も同時に回復できてオススメです!

パワーナップ前にコーヒーを飲む

コーヒーに含まれるカフェインには覚醒効果がありますが、効きはじめるまでに20~30分かかります。
パワーナップ前に飲んでおけば、起きた後のシャキッと感が増すので、その後の仕事がより捗ります。

おわりに

「パワーナップ」の魅力、少しでも伝わったでしょうか。
「やりたくても、やれる雰囲気の職場ではない!」という方も大勢いらっしゃると思いますが、
日本の一部企業でも導入されてきているそうです。

労働時間が長く、生産性が低いとされている日本だからこそ、パワーナップが広まっていけばいいなと思うばかりです。

以上、『【たった15分】パワーナップ(仮眠)で集中力を回復!』でした!

[quads id=3]

コメントを残す