【簡単】「ポロモードテクニック」で勉強、仕事の集中力アップ

「もう試験2週間前、勉強しなきゃマズいけど、机に座っても集中できない!」

と、自分の集中できる時間の短さに困ったことはないでしょうか?

今回は、「1時間と勉強できなかった僕」が、実践するだけで「6時間勉強に集中できるようになった」
1つのテクニックを紹介します!

[quads id=1]

キッチンタイマー2個でできる「ポロモードテクニック」

冒頭でも触れたように、集中力が長い時間持たないという人にピッタリのテクニックです。

やり方は簡単、タイマーを、「25分」と「5分」にセットする。
そして、「25分で1つの課題に集中する」「25分経ったら5分休憩する」だけ!

僕は、100均(Seria)でキッチンタイマーを2つ購入し、愛用しています。

ストップウォッチでももちろんOK!ただし、スマホはやめましょう。
集中力で悩んでいる人がスマホのアプリに頼ると、他のアプリに目移りするのが見え見えです。

余談ですが、僕はリビングにスマホを拘束し、部屋には持ち込まないようにしています。

注意点は2つ

1. 必ず「25分内でやる課題は1つに絞る」こと。

例] 国語:漢文のココからココまで 
   企画書のこの項目 など     

他の選択肢があると、気が散漫してしまって集中できなくなります。1つにフォーカスを当てることが大事!

2.「まだいける」と思っても、休憩はしっかり入れること。

「もう少しやりたかった」と思えれば、次の開始のモチベーションに繋がります。焦らず、長い目で集中力を保つことを優先しましょう。
飽きる前に休憩を挟むことで、気持ちをリセットでき長続きします!

追記:もし25分でも長いなと感じれば、「15分」「3分」のサイクルから始めてもOKです!

[quads id=2]

そもそも人間は、長時間集中できるようにつくられていない

最新の研究では、集中力を鍛えた人でさえ120分しか集中力を維持できないことが分かっています。

また、「パーキンソンの法則」と言われる法則で

仕事は、完了するために割り当てられた時間に応じて複雑なものへと膨れ上がっていく

『自分を操る 超集中力』著 DaiGo より

とされています。

[amazonjs asin=”4761271760″ locale=”JP” title=”自分を操る超集中力”]

つまり、長い時間で見るより、短時間で区切って行動したほうが、間違いなく得なんです。

おわりに

「ポロモードテクニック」の良さ、少しでも伝わったでしょうか?
実践することで、集中力を鍛えることもできます。
もしあなたが長時間集中できなくて悩んでいるのなら、ぜひ一度取り入れてみて欲しいと思います!

以上、

[quads id=3]

コメントを残す