コーディングの勉強しているけど、長く続ける予定はない

現在(2019/7/03)、ホームページを作成する「コーダー」を目指して

  • HTML/CSS
  • javaScript/jQuery
  • PHP

を勉強しています。

今はコーダーを目指して勉強しているけど、「ずっとコーダーで飯食ってやる!」とも「他のプログラミング言語もガシガシ勉強するぞ!」とも思っていません。

なにせ、数学嫌いの僕は「関数」の2文字で頭が痛くなるのです。

HTML,CSSはサイトの見た目を作るだけなのでニガテ分野はなく、比較的すらすら進めました。

しかし、動きを付けるjavaScriptやPHPの学習に入ると「関数」「変数」「引数」etc…

頭が痛くなりますね…

この「コーダー」という仕事は、あくまで一時的に収入を得る手段として選んだものです。

もちろん自分の興味がある分野ではありますが、その先長く続けていくか、深めていくは未定です。

コーディングの勉強の先でプログラミングに興味を持つかもしれないし、まったく関係のない他のことに興味を持つかもしれません。

ちょっと自由すぎる気もしますが、飽き性な自分が「これだ!」と思える仕事を見つけるにはちょうどいいかも知れません。

人気著作「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略 」には、

人々は、生涯にもっと多くのステージを経験するようになるのだ。

選択肢を狭めずに幅広い針路を検討する「エクスプローラー(探検者)」のステージを経験する人が出てくるだろう。

と書かれています。

もしもやりたいことが定まっていないのなら、少しの間柔軟な働き方をしてみても良いのかな?と思った一冊です。

ということで、僕はコーダーを目指しているけど一生の仕事にする気はないよ!という話でした。

 

コメントを残す