人間関係に悩んだら読む本『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』アドラーの勧め

 

先日、超話題作の『僕たちはどう生きるか』を読みました。

漫画タイプを買ったのですが、読みやすく主人公も子どもなので
小中学生でも読めるいい本ですね!

「この世界は自分中心ではない。すべての人が繋がって世界が動いている」

って感じられたことが良かったです。

ここで一つ、『君たちはどう生きるか』を読んだ人にオススメしたい本があるんです。

[quads id=1]

『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』

[amazonjs asin=”4478025819″ locale=”JP” title=”嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え”] [amazonjs asin=”4478066116″ locale=”JP” title=”幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII”]

この本は、それぞれ2013年と2016年に発売されました。

アドラー心理学を、哲人と青年の対話を通じて解説してくれているので、
青年の立場に立って共感しやすい、飲み込みやすいのも、この本の魅力です。

僕がこの本と買ったのは、本のタイトル通り「嫌われる勇気」が欲しいなと思ったから。「

何をするにも人の目を気にしてしまって、常に気が落ち着かない。
失敗したらどうしよう、嫌われたくないな。

って思いが強かったんです。

でも、この本を読んでほんっとに心が軽くなりました。
「すべての悩みは人間関係が原因」と謳うこのアドラー心理学は効果抜群で、
読んで数日は自分が聖人になったかのような錯覚に陥るほど(?)です。

また、自分が今まで気づけなかった
人間関係が原因で起こる問題がこんなにあるんだ!と知れたのも良かったです。

『僕たちはどう生きるか』とは違いほぼ文章で構成されているので、
サラッと読める本ではないかもしれないですが、

生きづらいな、と人間関係に悩んでいる人には、特効薬になること間違いなしです!

ぜひ、手に取ってみてください。

以上!「人間関係に悩んだら読む本『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』の勧め」でした!

[quads id=3]

コメントを残す