DaiGo著『人生を思い通りに操る片付けの心理法則』を読んで

 

みなさんは、何のために片付けをしますか?
僕は20年間、「くつろげるスペースを確保するため」と、「人が来たときにみっともないから」という理由で部屋の片付けをしていました。

そんな理由なので、「人が来なければ多少散らかっててもOK!」で部屋が荒れていた時期もありました。

でも整理されていない環境だと、気が散って集中できないことって多々ありますよね。

このままじゃ駄目だと思い手に取った「片付け」の本が僕の考えを一新してくれたので、紹介します。

[quads id=1]

『人生を思い通りに操る片付けの心理法則』/ 著 GaiGO

[amazonjs asin=”4054065996″ locale=”JP” title=”人生を思い通りに操る 片づけの心理法則”]

「人生を思い通りに操る」って言われると、
「簡単に儲かるネットビジネス!」のようなウソ臭さを感じてしまうのは僕だけではないはず。

でも、GaiGoのパフォーマンスを見たことがある人なら、
相手を意のままに操って、選んだボールの色を当てられる人が書いた本なら、
自分くらい簡単に操れそうだと思いません?

この本は、

「片付け=自分のリソースを目標に向かって集中できる環境を作ること」

を核にして、「片付けの基本・3原則」「心理的片付けで得られる5つのメリット」など全7章でつくられています。

ミニマリストのように「徹底して持つモノを減らせ!」というわけではなく、
収納術の本のように「効率のいいモノの詰め方」が書いてあるわけでもありません。

 

心理学という新しいアプローチから書かれているこの本は、
・なんとなく片付けている人
・モノが捨てられずに増えていっちゃう人
・多少へやが散らかってても大丈夫だと思っている人
・部屋をキレイにしてもすぐ散らかっちゃう人
・勉強になかなか集中できない人

には特にオススメです。

特に自分に刺さったのは、

しまう収納をやめましょう。ということです。しまうのではなく、飾る収納にするのです。

という1文です。僕はこの文で、今まで語られていた「集中力」「片付け」、そして「片付けが苦手だった自分」がピーンと線で繋がりました。

前後の文脈を読まないと「何だそれ」で終わってしまうので、是非読んでほしいところです。

片付け上手になりたい人、集中力をあげたい人は、ぜひ読んでみてください!

[amazonjs asin=”4054065996″ locale=”JP” title=”人生を思い通りに操る 片づけの心理法則”] [quads id=3]

コメントを残す