【言葉の断捨離】ネガティブ発言マンは危険

 
こんにちは!本ブログの筆者、だいすけ(@SanoskeBlog)です。
 
今回は「ネガティブな意見しか言わない人とは距離を取ろう」という話です。
 
バイト先の先輩、愚痴しか言わないんだよなー気分下がるわ。
みたいな人は、さっさと場所を変えましょう。という話。
 
 
言葉というのは不思議な力を持っていて、
 
自分や周りに大きな影響をもたらします
 
 
まずは心理学から見る「言葉の影響力」を知って、

ネガティブな言葉の危険さを実感してほしいと思います。

 




「プライミング効果」から見るネガティブ発言の危険性

興味深い、こんな実験があります。

なんチームに分けて、単語群から文章をつくるゲームをします。

ただし、1チームだけ「猫背、入れ歯、白髪、忘れっぽい」など
老人を連想させる単語が混ざっています。

その後、別の部屋に移動してもらいます。

たったこれだけですが、老人をイメージさせる単語でゲームをやったチームは

他のチームより明らかに歩くスピードが遅かったそうです。

(参考 ニューヨーク大学 ジョン・バルフの実験)

 

自分のなかに入ってきた言葉が、知らないうちに自分の行動に影響を与えている

ということです。怖くないですか?

 

自分のなかに入ってくる言葉を選ぼう

正直、職場でネガティブマンを避け続けるのは難しいですよね。

そういう人は、まずSNSの整理からはじめてみましょう。

僕は、見たくない言葉にフィルターをかけブロックしたり

やたら自分本位の調子いいこと言っている人をミュートしたりします。

 

実際の友達や知人をブロックするとトラブルのもとですが、

ミュートなら目立たずツイートを遮断できるので、かなり便利ですよ!

 

 

おわりに

「言葉はその人をつくる」といいますが、

入ってくる言葉もまた、自分に大きな影響があることを覚えておいてください。

 

気にしなくていいネガティブ発言で

気分を下げてしまうのは、とてももったいないですからね!

 

言葉の断捨離。ぜひみなさんも、いかがでしょうか?

以上、「【言葉の断捨離】ネガティブ発言マンは危険」でした!

 

 

 

コメントを残す